ママと子供のワークショップ 空音co.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました(≧∇≦)

こんにちは。
ソラネコの千裕です。

記念すべき第一回目の
アフリカンダンスワークショップ

大人11人、小学生2人、幼児4人、赤ちゃん6人!

総勢23人


通りであの広い部屋が狭く感じるわけだ。

参加してくれた皆様、本当にありがとうございました。

私も一参加者として 思い切り楽しませていただきました。


↑みんなで輪になってステップステップ



↑女の子は積極的

性格や年齢でお子ちゃまの反応も様々。それも楽しい発見でした。


赤ちゃん達がジャンベの元にわらわら集結したのは面白い光景でしたねー
太鼓 好きなんだなぁ。


WSの後、講師の菜央ちゃんとパーカッションの敦さんとで 「たいやきや ゆい」さんのかき氷を食べに行きました。


↑私が食べたのは「レモンミルク」

シロップはすべて厳選素材の手作り♡氷がフカフカ~。気持ちよく汗をかいた後のカラダにしみる 夢のような美味しさでしたぁ。


たまには思い切りカラダを動かして。積極的に汗をかくのは、ほんとに気持ち良いスカッとします。

次回は9月1日(日)
みなさん、是非是非いらしてください。
一緒に楽しみましょう

スポンサーサイト

アフリカンダンスwsの紹介

大人も子供も赤ちゃんも参加出来るアフリカンダンスのワークショップ!

月1回~2回の開催を予定しています。

アフリカの楽器・ジャンベの生音に合わせて、身体を動かすのは最高に気持ちいいですヨ 

もちろんダンス初心者で大丈夫!

リズムに合わせて裸足でカラダを解放すれば、いつの間にか踊れてます♪

「赤ちゃんが泣いちゃったらどうしよう」 泣いたら抱っこで踊っちゃいます!

赤ちゃんや子供が大好きな方でしたら、パパママじゃなくてもウェルカムです☆

太鼓のリズムを体全体で感じながら みんなで楽しく踊りましょう!!

(日時や開催場所については、スケジュールをチェックしてくださいね。)



[注意]
※妊婦さん・産後6ヶ月未満のママ(帝王切開された方は産後8月未満)・生後6ヶ月未満の赤ちゃんはご参加いただけません。ごめんなさい。  
※自己保育となります。
※小学生以上はお子様のみのご参加も出来ますが、低学年のお子様は必ず親御さんも一緒に来てくださいね。


参加費:大人(中学生以上)     1500円

     子供(小学生)       500円

     幼児・乳児(生後6ヶ月以降) 無料

※開催場所によっては参加費が変わることもございます。ご了承ください。


持ち物:動きやすい服装・汗拭きタオル・水分
赤ちゃん連れの方は赤ちゃんのお出かけグッズ・抱っこ紐またはスリング(抱っこしながら踊る時に便利です)・床に敷くバスタオル(休憩用)


☆講師 大島菜央さん
☆パーカッション 坪内敦さん
2人のプロフィールはこちら↓
http://solaneco213.blog.fc2.com/?no=3 

菜央です!

こんにちは!


8/16に講師を務めさせていただきます大島菜央です。


アフリカの旅から帰ってきて早3ヶ月!
こうして、アフリカの文化を通してみなさんにお会いできることがとっても
うれしいです!!


アフリカではおばあちゃんから子供、もちろん赤ちゃんを小脇に抱えたママたち、み~んなが集まって夜な夜なワンヤワンヤと踊ります!
だから、踊りも単純で、とっても踊りやすいもの☆


難しいことなんてな~んにもなく、とにかく楽しいことが重要なダンス、ステップたちをお伝えしたいと思っています!!


一緒に汗いっぱいかいて、思いっきり開放しちゃいましょう!


ダンス初めて!という方も大歓迎☆

夏だし!みんなで
ええじゃないか
ええじゃないか
踊りゃんせ~☆☆☆


みなさんにお会いできることを心から楽しみにしています。



菜央

講師紹介

アフリカンダンスを教えてくれる菜央先生と パーカッショニストの敦さんのプロフィールです



大島菜央

2003年よりダンスカンパニー‘マドモアゼル・シネマ’に所属し、国内外、様々な場所で公演・ワークショップ等を展開。
’10年、’13年とダンスの根源に出会うため、坪内敦とともにアフリカ11ヶ国を旅する。道中、様々な部族のダンスを習い、修行に励む。ギニアの音楽一族との演奏ツアーの旅を終えて4月に帰国。
現在はフリーのダンサーとしてステージ、路上、お祭り…どんなところでも踊り、時にワークショップを行う。誰もがもつ踊り心をくすぐるためにスキあらば踊り踊る日々。
太鼓集団SUNDRUMダンサー。


坪内敦

パーカショニスト。
計3回、約1年間の西~中央アフリカ各国(ギニア、セネガル、マリ、ブルキナファソ、コートジボアール、ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカ共和国、ガボン)への渡航でアフリカのパーカッションを習得し、人類の根源的な文化を体験する。
2009年東京を拠点に、打楽器と歌とダンスの超次元セレモニーバンドSUNDRUMを結成。都内を中心に、全国でのライブ活動の他、横浜トリエンナーレ2011、松本りんご音楽祭2012春、秋、新潟大地の芸術祭2012などの各種フェスティバルに出演。
個人では毎日路上での即興演奏を生活の糧としながら、ソロライブ、様々な分野のアーティストとのコラボレーション、ワークショップを行っている。’12年にはオーストラリア~アフリカ~ヨーロッパと6ヶ月のバスキング&修行ツアーを行い、’13年帰国。宇宙の熱い風にのって音の旅を続ける。


↑右が菜央さん


空と大地と共に生きてる二人。

優しくて強いエネルギーをもらえます(^^)

アフリカンWSについて

「アフリカのママは子供を小脇に抱えて踊ってるよ」


講師のNaoさんのこの言葉がママアフリカン開催のきっかけ。


アフリカのリズムはココロもカラダも開放してくれます。


本当にきもちいい!



9月から月1~2回の定期開催を目指しています。


ママの骨盤や赤ちゃんの首や腰の座りを考慮して 参加条件は産後6ヶ月以降とさせていただきます。


↑アフリカの子供達と講師の菜央さん


↑アフリカのママ達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。