ママと子供のワークショップ 空音co.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師紹介

アフリカンダンスを教えてくれる菜央先生と パーカッショニストの敦さんのプロフィールです



大島菜央

2003年よりダンスカンパニー‘マドモアゼル・シネマ’に所属し、国内外、様々な場所で公演・ワークショップ等を展開。
’10年、’13年とダンスの根源に出会うため、坪内敦とともにアフリカ11ヶ国を旅する。道中、様々な部族のダンスを習い、修行に励む。ギニアの音楽一族との演奏ツアーの旅を終えて4月に帰国。
現在はフリーのダンサーとしてステージ、路上、お祭り…どんなところでも踊り、時にワークショップを行う。誰もがもつ踊り心をくすぐるためにスキあらば踊り踊る日々。
太鼓集団SUNDRUMダンサー。


坪内敦

パーカショニスト。
計3回、約1年間の西~中央アフリカ各国(ギニア、セネガル、マリ、ブルキナファソ、コートジボアール、ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカ共和国、ガボン)への渡航でアフリカのパーカッションを習得し、人類の根源的な文化を体験する。
2009年東京を拠点に、打楽器と歌とダンスの超次元セレモニーバンドSUNDRUMを結成。都内を中心に、全国でのライブ活動の他、横浜トリエンナーレ2011、松本りんご音楽祭2012春、秋、新潟大地の芸術祭2012などの各種フェスティバルに出演。
個人では毎日路上での即興演奏を生活の糧としながら、ソロライブ、様々な分野のアーティストとのコラボレーション、ワークショップを行っている。’12年にはオーストラリア~アフリカ~ヨーロッパと6ヶ月のバスキング&修行ツアーを行い、’13年帰国。宇宙の熱い風にのって音の旅を続ける。


↑右が菜央さん


空と大地と共に生きてる二人。

優しくて強いエネルギーをもらえます(^^)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。